【スマブラSP】新キャラ:ミェンミェンの技性能・キャラ評価

こんにちは!
Ver.8.0.0の配信に伴い新キャラクター「ミェンミェン」が参戦しました。

前回の記事ではミェンミェンの技性能・キャラ評価予想を紹介しましたが、今回は実際に使用してみた技性能の感想や個人的評価を紹介していきます。

ミェンミェンの【長所】

リーチが全キャラ中一番長い。
状況に応じてアームを変更して攻撃することができる。
飛び道具を反射することができる。
つかみのリーチが長い。

ミェンミェンの【短所】

全体的に技の隙が大きい。
近距離戦に弱い。
斜め上からの攻撃に弱い。
復帰がとても弱い。

ミェンミェン:仕様について

ミェンミェンはAボタンで左腕のパンチを、Bボタンで右腕のパンチを繰り出すことができます。
左腕で攻撃をしてからすぐに右腕で攻撃を繰り出したりその逆を行うこともできるのでこの仕様はミェンミェンを使う上で必ず覚えておきましょう。

左腕
右腕

また、ミェンミェンは3つのアームを使い分けることができます。
左腕はドラゴン固定となっていますが、右腕はドラゴン、ホットリング、メガボルトの三種類を下Bで切り替えることが可能です。
それぞれ異なる性質を持っているためこちらも必ず覚えておきましょう。

ミェンミェン:ドラゴン

左腕に標準装備されているアームです。
安定した技の発生とダメージを出すことができるので何かと困ったときはこちらに切り替えておくのもありかもしれません。
相手を投げることができれば左腕のドラゴンが強化されます。
右腕をドラゴンにしていてもこちらは強化されません。

ミェンミェン:ホットリング

ダメージが低い代わりに発生が早い序盤向けのアームです。
攻撃した際にリングを切り離し上方向に飛ばします。これにより、上手く使うことができれば斜めから攻めてきた相手に抵抗することができます。
また、リーチが非常に長いので場外に向けて横スマッシュを打つことで復帰阻止が狙えます。

ミェンミェン:メガボルト

発生が遅い代わりに威力がとても高いアームです。
進む速度が遅いので攻撃判定の持続が長く、相手の回避に引っ掛けやすいのが特徴です。
他のアームと大きく異なるのが空Nで倒せる点です。
比較的リスクが低い上に撃墜も狙えるのでとても強力な技となっています。
相手が高パーセントになった時にはメガボルトに切り替えていきましょう。

ミェンミェン:通常攻撃

ミェンミェン:弱攻撃

短く押す弱攻撃はミェンミェンの技の中で最も発生が早く、近接戦で頼りになります。
長押しは横強と同じ性能なのであえてこの入力をする必要はないでしょう。

ミェンミェン:横強

主に立ち回りで使っていきます。
アームによって技の性能が違うので状況によって使い分けましょう。
横強を出したあとはジャンプで逃げることができるのでガードされた場合はジャンプで逃げるとリスクを減らすことができます。
また、歩きながら出すこともできるのでうまく活用していきましょう。

ミェンミェン:上強

あまり使い道はないですが、素早い対空技として使うことができます。
現状上スマッシュで事足りるというのが素直な感想です。

ミェンミェン:下強

リリース前の予想通り密着展開を打開するのに便利です。
下強を当ててからは、序盤は上スマッシュ、中盤は空上が繋がります。
空Nから繋げることもできるのでダメージを稼ぐときにも活躍します。
また、ガードさせた際に相手をめくることができるので反撃を受けづらいのも特徴的です。
このことからラインを詰められた状態から打開するのに使いやすいです。

ミェンミェン:ダッシュ攻撃

発生の早い飛び蹴りです。
当ててからコンボに繋げることはできませんが、下強と同じくガードさせると相手をめくることができるので密着展開を避けるのに便利です。
もちろん差し込みにも使いやすく、相手が晒した隙にすかさず攻撃をすることができます。

ミェンミェン:スマッシュ攻撃

ミェンミェン:横スマッシュ

ミェンミェンの技の中でも特に優秀な技です。
また、スマッシュホールドすることで技の性質が少し変化します。

ドラゴン:発生してからボタンを長押しすることでビームを打つことができます。ビームを合わせるとリーチがとても長く、地上にいながら場外の相手に対して復帰阻止を狙うことができます。

ホットリング:相手の崖捕まりに対して当てやすいアームです。
リングを切り離して広範囲に攻撃することができます。
復帰阻止や対空技として使いやすいです。

メガボルト:威力が高い代わりに動きが遅いアームです。
遅い分攻撃判定の持続が長く感じられ、相手の回避に合わせやすいです。
主に撃墜したい場面で使用します。

ミェンミェン:上スマッシュ

発生が早い上スマッシュです。
ガードからの反撃や対空手段としてとても使いやすい性能をしています。相手の攻撃を密着でガードした場合はこの技で反撃を取るのが重要です。
また、相手の飛び道具を反射することもできるのでチャージショットなどが飛んできた場合はこの技で反射してみましょう。

ミェンミェン:下スマッシュ

発生が早い前後に攻撃する下スマッシュです。
ジャストシールドからの反撃に使いやすいです。
また、相手の二回目の崖捕まりに攻撃する場合もこの技が当てやすいです。

ミェンミェン:空中攻撃

ミェンミェン:通常空中攻撃

上方向からぐるっと腕を一周させます。
対空として使うのも対地として使うのにも優秀な技です。
相手のジャンプを狩るためや、復帰阻止、降りながら振ってコンボに繋げるなど使用用途は幅広いです。

ミェンミェン:空中前攻撃・空中後ろ攻撃

他のキャラと大きく異なり、空中で横強と横スマッシュを出すことができます。
ただし、スマッシュはホールドすることはできません。
かなり離れた相手に攻撃することができるので復帰阻止としても使いやすいです。

ミェンミェン:空中上攻撃

空中の相手を追いかけて追撃するときに使います。
後隙が割とあるので連続で当てることはできませんが、ふっとばし力がそこそこあるので140%程度に当てることができれば撃墜も狙えます。

ミェンミェン:空中下攻撃

出だしがメテオ判定の急降下技です。
緩急をつけることができ、ミェンミェンの弱点である着地をカバーできる技なので重宝します。
着地隙は大きいのでもちろん多様は厳禁です。
メテオ判定のふっとばし力が高いので道連れでの復帰阻止を狙うのも強力です。

ミェンミェン:必殺技

ミェンミェン:通常必殺技・横必殺技

右腕で強攻撃やスマッシュ攻撃を繰り出します。
上記で説明しているので割愛させていただきます。

ミェンミェン:上必殺技

地上版と空中版で性能が異なる上必殺技です。

地上版:上方向に飛び上がります。長押しで飛距離を伸ばすことも可能です。
まだ開拓があまり進んでいませんが、飛び上がるときに少しだけ無敵があるので混戦時から抜け出すのに使えるかもしれません。
空中で強攻撃とスマッシュ攻撃を振りながら着地した時に地上上Bを使うと後隙を減らすことができます。

空中版:主に復帰で使います。ジョーカーのように上Bを出したときにホップしないので距離が短めになっています。また、ミェンミェン自身の空中横移動が遅いこともあり、復帰阻止を避けづらいです。
空中攻撃や空中回避をうまく使って復帰していきましょう。
攻撃手段としては上方向の相手に追撃するのに使えますが、ふっとばし力がそこまでないので使わなくてもいいかもしれません。

ミェンミェン:下必殺技

アームを切り替えることができます。
ホットリング→メガボルト→ドラゴンの順番で切り替えることができます。
状況に適したアームに切り替えていきましょう。

ミェンミェン:つかみ

リーチが長い代わりに発生が遅く後隙も長いです。
通常のつかみのような使い方はできませんが、相手のダッシュガードに合わせてつかみを置いたり、空中からの差し込みやDAを読んで振り向きつかみを置くといった「置き」メインで使っていくのがおすすめです。
また、ミェンミェンは投げからの確定コンボを持たないため、崩しの手段やドラゴンの強化を目的としてつかみを使います。

ミェンミェン:前投げ

相手を外に飛ばす目的で使います。
自分の位置を確認して選択しましょう。

ミェンミェン:後ろ投げ

同じく相手を外に飛ばす目的で使います。
こちらは自分が崖を背負った状態であれば高パーセントの相手を撃墜することが可能です。
また、ミェンミェンの投げの中で最もダメージが高いです。
とりあえず後ろ投げを選択するのも悪くありません。

ミェンミェン:上投げ

180%程度の相手を撃墜するのに使えます。
それ以外ではあまり使いません。

ミェンミェン:下投げ

確定コンボはないものの、いい飛び方をするので追撃が狙いやすいです。
真中付近で掴んだときはこの投げを選択してもいいでしょう。

スマブラSP新キャラ ミェンミェン技性能・キャラ評価:おわりに

個人的に現状のミェンミェンの評価は復帰阻止耐性の無さ、斜めからの差し込みへの対抗策の無さから強い部類のキャラではないと考えます。
しかし、まだまだリリースされたばかりで開拓が進んでいない点も多くあり、3種類のアームを使い分けたコンボや復帰手段の開拓により今後評価が大きく跳ね上がる可能性もまだまだ残されています。

ミェンミェンは今までにない性能を持ったキャラクターなので使うのがとても楽しいです。
未開拓のキャラクターなので今後の開拓に期待していきたいですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エイプリルナイツ メディア・イベント事業部。ハマったらとことんそのことばかりやってしまうタイプです。社会人ゲーム文化の活性化をさせていきたいです。