GMOペパボ 新型コロナウイルス感染拡大防止チャリティ『STAY HOME PLAY GAMES CHARITY PROJECT』を支援




GMOペパボ株式会社が大手eスポーツチーム5チームによる新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としたチャリティプロジェクトの支援を発表しました。
以下、GMOペパボ株式会社のプレスリリースとなります。


GMOインターネットグループのGMOペパボは、2019年より継続的に実施しているeスポーツ支援の一環として、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした日本の大手eスポーツチーム5チームによるチャリティプロジェクト『STAY HOME PLAY GAMES CHARITY PROJECT』を支援します。


弊社が運営するオリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI」にて作成した本プロジェクトのオリジナルグッズを、2020年5月1日(金)〜18日(月)23時59分の期間特別価格で受注販売し、収益は『STAY HOME PLAY GAMES CHARITY PROJECT』を通じ、『新型コロナウイルス医療崩壊を防ぐための支援(Yahoo!基金)』へ寄付されます。

『STAY HOME PLAY GAMES CHARITY PROJECT』参加チーム

・CYCLOPS athlete gaming
・DetonatioN Gaming
・JUPITER
・SCARZ
・SunSister

「SUZURI」内『STAY HOME PLAY GAMES CHARITY PROJECT』グッズ販売概要

販売期間:2020年5月1日(金)〜18日(月)23時59分
販売グッズ:ビッグシルエットスウェット / パーカー / ジップパーカー / Tシャツ ロングスリーブTシャツ / スマホケース / マグカップ / グラス / ノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エイプリルナイツ メディア・イベント事業部。 ライトゲーマーゆえに、ゲームがボーダーレスなコミュニケーションツールになると感じています。社会人ゲーム文化の活性化をさせていきます。