東京eスポーツフェスタで行われたAFTER 6 LEAGUEステージの様子を紹介!




先日、2月12日(金)~14日(日)にかけて行われた東京eスポーツフェスタ。
本記事では12日に東京eスポーツフェスタ内で行われたAFTER 6 LEAGUEによる「社会人eスポーツの魅力」と「企業交流戦」を紹介します。

東京eスポーツフェスタについては下記ボタンよりご覧ください。

AFTER 6 LEAGUE:社会人eスポーツの魅力

「社会人eスポーツの魅力」とは、eスポーツを通じて社会人eスポーツプレイヤーに「競争」と「絆」を想像する場を提供する社会人eスポーツリーグ「AFTER 6 LEAGUE」のスペシャルステージです。

前半は「AFTER 6 LEAGUE」について語るトークライブを、後半は『ブロスタ』を用いた「AFTER 6 LEAGUE」エキシビジョンマッチを開催します。

ライブの様子はこちらの動画からご覧いただけます。

前半のトークライブでは、進行としてOooDaさん、パネラーとしてシンイチロォさん、トンピ?さん、みしぇるさんが務めます。

進行

OooDA(@OooDA)

・パネラー

シンイチロォ(@shinichi_rooo)

トンピ?(@tonpiava)

みしぇる(@xMitcheI)

AFTER 6 LEAGUEとは

AFTER 6 LEAGUEとは、「たたかう、つながる。」をテーマにeスポーツを通じて社会人eスポーツプレイヤーに「競争」と「絆」を想像する場を提供する社会人eスポーツリーグです。

eスポーツには集中力、戦略的思考、チームワーク、スポーツマンシップなど様々な能力が求められこれらの能力は企業で働く社会人とも親和性の高いものとなっています。

勝ち負けを競うだけでなく、闘うことで生まれる絆やつながりを大切に職場とは異なる定時以降の新たな「たたかい」と「つながり」の場となっています。

AFTER 6 LEAGUE:トークライブ

「AFTER 6 LEAGUE」について語るトークライブでは、トークテーマとして『AFTER 6 LEAGUE』から感じられた、社会人eスポーツの楽しみ方と社会人とeスポーツの親和性が取り上げられ、パネラーの3名からお話を聞くことができました。

『AFTER 6 LEAGUE』から感じられた、社会人eスポーツの楽しみ方

こちらのトークテーマでは、学生時代に経験することができた部活動のような青春が再び味わえるといった意見や同じ企業であっても交流することがなかった他部署の社員さんと交流することで、同じ社内で新しいビジネスが生まれる可能性が出来るのではないかといった意見を聞くことができました。

また、企業スクリム(練習試合)を「AFTER 6 LEAGUE」に参加している企業同士で行っており、ゲームを通して肩の力を抜いた話が出来ることで企業同士のシナジーを発見することが出来るのではないかといった意見も上がっていました。

社会人とeスポーツの親和性

「社会人とeスポーツの親和性」では仕事、ゲーム共にコミュニケーションが大切なのではないかと考えており、「AFTER 6 LEAGUE」を通してコミュニケーション能力の向上が見込めるのではないかといった意見や、仕事とゲームの共通点である課題解決能力の向上が見込めるといった意見を聞くことができました。

また、ゲームを通すことで商談しやすい雰囲気作りが出来るのではないかといった話や、企業でeスポーツイベント(AFTER 6 LEAGUE)に参加することを企業HPのトップニュースに取り上げられていることから、話題性が高いものであると認識されてきているといった話も上がっていました。

トークライブでは「AFTER 6 LEAGUE」についてだけでなく、社会人とeスポーツの親和性など現役社会人視点でのトークを聞くことが出来る貴重な時間となりました。

こちらのトークライブは上記動画の53:41~よりご覧いただけます。
ご興味のある方はぜひご視聴してみてはいかがでしょうか。

AFTER 6 LEAGUE:ブロスタエキシビジョンマッチ

「社会人eスポーツの魅力」後半では「ブロスタ」でエキシビジョンマッチが開催されました。

「ブロスタ」とは

『ブロスタ』とは、Supercellが開発、運営するiOS、Android用のアクションゲームです。

今回のエキシビジョンマッチはこちらのメンバーで行われました。

実況

†キリト†

解説

Yamada

ゲスト

OooDa

A6L連合(Gstar+Yapimaru)

yunocy/野々宮ミカ/YAPIMARU

株式会社サクセスチーム

はぶし/ふしぎなけんきゅう /くろすけ

エキシビジョンマッチ結果

BO3(2本先取)で行われたエキシビジョンマッチは、株式会社サクセスチームが2-0で勝利したものの、特別ルールによって3試合目を行い3試合目を勝利したチームが勝利するといったエキシビジョンマッチならではの戦いが繰り広げられました。

特別試合として行われた3試合目でしたが、接戦の末勝利したのは株式会社サクセスチーム。

BO3の試合と特別試合共に勝利し実力を見せつけてくれました。こちらのアーカイブは上記動画の1:15:47~からご覧いただけます。

AFTER 6 LEAGUE:企業交流戦

eスポーツを通しての企業交流を目的とした「東京eスポーツフェスタ2021 企業交流戦 powered by AFTER 6 LEAGUE」が開催されました。
東京eスポーツフェスタ出展企業やAFTER 6 LEAGUE参加企業が『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』で熱い戦いを繰り広げます!

イベント詳細については下記ボタンよりご覧ください。

『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』とは

『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』の詳細については下記ボタンよりご覧いただけます。

対戦ルール

参加企業一覧

株式会社G-STAR.PRO

株式会社エイプリルナイツ

SEA Force株式会社

e-スポーツコミュニケーションズ株式会社

凸版印刷株式会社

株式会社さえずり

ダイナコムウェア株式会社

アックスエンターテインメント株式会社

計8企業

実況

OooDA(@OooDA)

解説

高橋名人(@meijin_16shot)

また、今回はオープニングアクトとして高橋名人による「スターフォース」ラリオスボーナス撃破が行われました。

1秒間に16連射といった伝説を持っている高橋名人、ラリオス撃破には1秒間に8発打つことで達成できるそうですが、高橋名人はいとも簡単に撃破してしまいました。

ここ最近では桃鉄の練習に励んでいたらしく、その中でもこのプレイが出来るのはまさに伝説プレイヤーの技と言えますね。

企業交流戦開始!

企業交流戦は2つのブロックに別れて行われ、3年目の総資産額で1位~8位の順位を決定します。

ブロック分けは事前に抽選が行われており、以上のメンバーで試合が進行されました。

Aブロック

株式会社G-STAR.PRO

株式会社エイプリルナイツ

SEA Force株式会社

e-スポーツコミュニケーションズ株式会社

Bブロック

凸版印刷株式会社

株式会社さえずり

ダイナコムウェア株式会社

アックスエンターテインメント株式会社

1年目決算結果

Aブロック

1位のe-スポーツコミュニケーションズ株式会社がミカエルによる毎月の収入で1位を獲得。

全体的に総資産が高めとなっており今後の試合展開に注目です。

Bブロック

BブロックはAブロックと比較して総資産が控えめではあるものの全体的に拮抗している様子です。

2年目以降にどのような動きがあるか楽しみですね。

2年目決算結果

Aブロック

1位は1年目に続きe-スポーツコミュニケーションズ株式会社が居座り続けているものの、2位と3位が入れ替わりました。

SEA Force株式会社が現在赤字となっているためここからの逆転に期待したいところです。

Bブロック

Bブロックでは1年目の順位が逆転しました。

全体的に拮抗していたBブロックでしたが2年目で大きな動きがあり全体的に総資産が高くなっています。

また、アックスエンターテインメント株式会社は全体1位となっているため3年目まで1位を死守できるかにも注目です。

3年目決算結果(最終結果)

3年目の決算結果はアックスエンターテインメント株式会社が1位を死守し優勝となりました!

最終的には2年目の順位からあまり変動すること無く終了しましたが、全体を通して大波乱の3年間で見どころが多くありました。

企業交流戦全体の様子は上記動画の1:55:36~よりご覧いただけます。
ご興味のある方はぜひご視聴してみてはいかがでしょうか。

おわりに

eスポーツの発展のため、ビジネス交流、eスポーツ体験、eスポーツセミナーを学ぶ、という場である東京eスポーツフェスタ2021で、社会人eスポーツが取り上げられたことは大きな意味があるのではないでしょうか。

eスポーツの要素のなかに従来のプロシーンとは別に生まれた社会人eスポーツ、今後のさらなる発展に注目です。

本サイトは、「cogme」のメディアサイトとなります。

cogme は企業eスポーツ部のコミュニケーションを活性化したり、

他企業とゲームを使って交流するためのさまざまな機能が備わったサービスです。

「社会人×ゲーム」のキーワードに興味をお持ちいただけましたら、

ぜひcogmeへのご登録をお願いします:D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

株式会社エイプリルナイツ メディア・イベント事業部。ハマったらとことんそのことばかりやってしまうタイプです。社会人ゲーム文化の活性化をさせていきたいです。