VALORANTでゲーム交流:コグフェス~社会人エージェント祭~7月18日(土)イベント開催レポート

2020年7月18日(土)社会人限定にて5人チームによるFPSゲーム『VALORANT』でのオンラインゲームイベントが開催されました。
社会人がゲーム交流を行ったその模様をレポートいたします。

社会人VALORANTオンライン大会:イベント概要

コグフェス~エージェント祭~

ゲームタイトル
VALORANT

日時
2020年7月18日(土)18:00大会開始 YouTube配信開始

企画・運営
コグフェス

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は cogfesbana.jpg です

社会人VALORANTオンライン大会: 参加チーム

911

JIGOKU卍NARAKU卍GAMING

e.sports-united

BackFaceGamers(株式会社エスティーエー

白玉(株式会社いろはにぽぺと

SOP(派遣会社 NEET)

REGALiAS(株式会社エイプリルナイツ

テクノブラッドと仲間たち(株式会社テクノブラッド

I-O DATA/GAT0-1(株式会社アイ・オー・データ機器

StrangeHouse

シングルイリミネーションのトーナメント戦!

社会人エージェント祭ではシングルエリミネーションのトーナメント戦が採用されました。
試合ごとにマップが変化していき、決勝戦のみルーザーズピックがあります。
一回戦、準決勝二試合、決勝の4試合を配信で観戦することができました。

社会人VALORANTオンライン大会: 第一試合目

第一試合目の配信は「JJIGOKU卍NARAKU卍GAMING」vs「白玉」の試合でマップはヘイヴンでした。

前半の序盤は「白玉」が有利な状況で試合が進んでいきます。

前半8ラウンド目「白玉」側はCサイトに攻めそれを「JIGOKU卍NARAKU卍GAMING」が取り返す場面になりました。

お互いがカバーの連続でラスト1on1になり「JIGOKU卍NARAKU卍GAMING」のBrax佐藤選手が制しラウンドを取得しました。
その勢いで「白玉」に追いつき前半は6:6の状況で攻守切り替えになりました。

後半は「白玉」がまたも優勢でNOKO選手のオペレーターが止められず、そのままゲームセット。
「JIGOKU卍NARAKU卍GAMING」vs「白玉」の試合は7:13で「白玉」の勝利となりました。

社会人VALORANTオンライン大会: 準決勝一試合目

準決勝一試合目の配信は「I-O DATA/GATO-1」vs「StrangeHouse」の試合でマップはバインドでした。

前半は「StrangeHouse」が防衛でなんと全ラウンドを取得しました。

後が無くなった「I-O DATA/GATO-1」後半戦ピストルラウンドの1on1をNUMB41選手が制し意地を見せます。

次のラウンドもマネー差で取れると思われましたが「StrangeHouse」はフォースバイ(無理して武器を買う)を選択し、一気にBサイトにラッシュして決着をつけました。

「I-O DATA/GATO-1」vs「Strange House」の試合は1:13で「StrangeHouse」の勝利となりました。

社会人VALORANTオンライン大会: 準決勝二試合目

準決勝第二試合目の配信は「白玉」vs「テクノブラッドと仲間たち」の試合でマップはバインドでした。

前半はまたも「白玉」が有利な状況で進んでいきます。

6ラウンド目「テクノブラッドと仲間たち」のSy7選手がランプ側にスモークを使いテイルウィンドでスモークの中へ移動、それを見た「白玉」のGoze選手はスモークに決め打ちします。
しかし音と射線でSy7選手はスモークの中にいるにも関わらず初弾ヘッドショット!とんでもないプレイでチームを救います。

このラウンドで少し巻き返し前半は7:5で若干「白玉」が有利な状況で攻守切り替えになりました。

後半戦も熱戦が繰り広げられます。

先にリーチをかけたのは「白玉」しかし「テクノブラッドと仲間たち」も食らいつきます。12:10で迎えた23ラウンド目「テクノブラッドと仲間たち」のピンチが訪れます。
A設置後の取り返しの場面で人数は1on2の状況、これを返せなければ「テクノブラッドと仲間たち」の敗北が決定します。
なんとここでまたもSy7選手がフレンジーで1対2を制してチームを救いました。
これで12:11になり次のラウンド勝てれば延長線で逆転できる可能性も見えてきました。

しかし「白玉」も簡単には負けません。
「白玉」は開幕オペレーターに1人倒されましたが焦らず蘇生をしてセットスモークを使いAラッシュをしてサイト内を制圧しました。
その後「テクノブラッドと仲間たち」はサイト内を取り返せずにゲームセットになりました。

「白玉」vs「テクノブラッドと仲間たち」の試合は13:11で「白玉」の勝利となりました。

社会人VALORANTオンライン大会: 決勝戦

決勝戦は「StrangeHouse」vs「白玉」の試合でマップはアセントから試合が開始しました。

アセントはミッドのコントロールが重要でお互いミッドを意識する状況が続きます。
「StrangeHouse」のミッドコントロールがうまくミッドを使いながらAかBをラッシュする動きで「白玉」は少し苦しい展開になりました。
その結果、前半戦は4:8で「StrangeHouse」が優勢で攻守交代になりました。

後半戦は「StrangeHouse」のHrTk選手がBサイトで1wayスモークを使いラッシュ止めをしてチームを守り抜きます。

結果見事、1マップ目は13:8「StrangeHouse」の勝利となりました。

2マップ目は1マップ目の敗者「白玉」がマップをヘイヴンを指定し試合が始まりました。

ヘイヴンはサイトがA、B、Cの3種類あるのであえてバラバラに動いて人数差を作り出す動きが多くみられました。

序盤「StrangeHouse」が4ラウンド先取して有利でしたが「白玉」のNoko選手がC側で釣りの動きをしてA側を攻めるチームプレイで流れを掴みました。
前半戦は6:6のイーブン状態で拮抗した状態で後半戦に移りました。

後半戦は「白玉」の連携が目立つ展開になりました。
CガレージにHaqua選手のサイファーがワイヤーで抜けを確認、ワイヤーがかかった瞬間にガレージ窓にいるGoze選手が飛びだしてキルを取るいい連携が見られました。

結果、2マップ目は8:13「白玉」の勝利になりました。

3マップ目は2マップ目の敗者「StrangeHouse」がバインドを指定し試合が始まりました。

前半戦「白玉」RaLph選手のブリムストーンがスモークで相手を誘導して攻めるシーンが多く相手チームを揺さぶる動きが見られました。
性能的にキルを取りにくいブリムストーンですが、AIMで勝てば関係ないと言わんばかりの力強いAIMを見せるRaLph選手がチームを引っ張っていました。

結果、前半戦は11:1で「白玉」がかなり優勢の状態で後半戦に移りました。

後半戦「白玉」はピストルラウンドで勝利しリーチをかける展開になります。

後が無くなった「Strange House」は武器を購入するしかないのでフォースバイを選択、しかし惜しくも敗退しました。

3マップ目は13:1で「白玉」の勝利となりました。

これで今大会は「白玉」の優勝となりました!
おめでとうございます!

新作FPSでも大会シーンはとても熱い!

新作FPSの大会シーンもとても白熱し盛り上がりました!
リリースされて間もないゲームにも関わらず試合のレベルが高く、高レベルなプレイが多く見られました。
社会人の底力を存分に発揮し、観戦者視点でも熱くなれる大会となりました。
次回のコグフェスも楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エイプリルナイツ メディア・イベント事業部。ハマったらとことんそのことばかりやってしまうタイプです。社会人ゲーム文化の活性化をさせていきたいです。