AFTER 6 LEAGUE 全部門終了!各部門の結果紹介




「企業に所属するアマチュア e スポーツプレイヤーを対象としたリーグ運営を通じて「競争」と「絆」を創出する場を提供すること」を理念として設立された『AFTER 6 LEAGUE』。

2020年10月に始動し、2021年3月に全部門終了となりました。

この記事では各部門の結果を紹介していきます。

AFTER 6 LEAGUE 概要

AFTER 6 LEAGUEの概要は下記リンクより御覧ください。

League of Legends部門

DAY10まで行うLeague of Legends部門は3月6日に終了となりました。
DAY9までの様子はこちらの記事からご覧いただけます。

DAY10の結果は下記の通りとなりました。

順位チーム名試合消化数リーグポイント
1株式会社コーエーテクモゲームス76
2アクセンチュア株式会社76
3日本ビジネスシステムズ株式会社74
4株式会社ProVision74
5株式会社ディー・エヌ・エー73
6株式会社アウトソーシングテクノロジー73
7学校法人角川ドワンゴ学園71
8株式会社サードウェーブ71

DAY9時点で2位だった「株式会社コーエーテクモゲームス」が最終ラウンドで「アクセンチュア株式会社」を抜かし1位に輝きました。

試合の様子はこちらの動画からご覧いただけます。

ブロスタ部門

DAY1からDAY7まで行うブロスタ部門は他の部門より早めの2021年1月26日に最終回を迎えました。

また、ブロスタ部門では最終回特番エキシビジョンマッチが行われました。
最終回特番エキシビジョンマッチの様子はこちらの記事からご覧いただけます。

DAY7の大会結果は下記の通りになりました。

順位チーム名試合数リーグポイント
1株式会社サクセス14211
2ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社14208
3株式会社セプテーニ14189
4株式会社レンタコム北海道14115
5富士通株式会社1496
6ジェイエムエス・ユナイテッド株式会社1490
7株式会社QTnet1458
8ビーウィズ株式会社1441

ブロスタ部門は「株式会社サクセス」が優勝。「ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社」は僅差で2位となりました。

最終戦の様子は下記動画よりご覧いただけます。

APEX LEGENDS部門

他の部門と違い、個別の大会を計6回行うApex Legends部門。
2月部門(DAY5)の結果はこちらの記事からご覧いただけます。


そして今回で最後となる3月度の大会結果は以下の通りとなりました。

順位チーム名ポイント総キル数1試合最高キル数総ダメージ
1株式会社丹青社331586420
2富士通グループ2923148169
3株式会社ProVision291285482
4ビーウィズ株式会社2817167974
5株式会社ジュピターテレコム281565689
6株式会社ラック23874325
7株式会社JILCH221375465
8株式会社ゲームエイト21873483
9大阪デリバリー株式会社161284332
10株式会社VOYAGE GROUP14553556
11株式会社ウィットワン12973667
12ソフトバンク株式会社12321529
13SB C&S株式会社12113007
14ビット・クルー株式会社10433891
15GMOペポバ株式会社9642926
16オンキヨーホームエンターテイメント株式会社9212540
17G-STAR Gaming8332331
18e-REVO4321870
19イー・ガーディアン株式会社4211083
20SHOWROOM株式会社0000

3月度優勝は「株式会社丹青社」。

最終回にて悲願の優勝を勝ち取りました。

3月度の対戦の様子は下記動画からご覧いただけます。

ウイニングイレブン部門

DAY10まで行うウイニングイレブン部門は3月8日に終了となりました。
DAY9までの様子はこちらの記事からご覧いただけます。

DAY10まで行ったウイニングイレブン部門の最終結果は下記の通りとなりました。

順位チーム名勝点試合得点失点得失差
1株式会社講談社ゲキサカ3514112134925
2OK SELECT株式会社30141004511437
3株式会社日立システムズ2614824412318
4スターティアレイズ株式会社20146262026-6
5Re.road株式会社18145362028-8
6株式会社テレビ新潟放送網16145182340-17
7日本PCサービス株式会社10143110736-29
8学校法人ティビィシィ学園71421111737-20

上位の順位はDAY9と変わらず下位の順位が変動した形となり、優勝は「株式会社講談社ゲキサカ」となりました。

最終ラウンドの様子は下記動画よりご覧いただけます。

PUBG MOBILE部門

DAY1~DAY6まで行い、3月17日に最終回を迎えたPUBG MOBILE部門。
DAY5までの様子はこちらの記事からご覧いただけます。

DAY6まで行ったPUBG MOBILE部門の結果は下記の通りとなりました。

順位チーム名キル数リーグポイント
1株式会社Alphakt163362
2NTT西日本143349
32yamaha132346
4サムスン電子ジャパン株式会社135254
5株式会社とびら83219
6GMOペパボ株式会社72145
7株式会社七洋製作所66140
8株式会社ジュピターテレコム40127
9宇都宮製作株式会社33117
10株式会社神戸ビーイング35109
11株式会社セブンネットショッピング1894
12ブックオフコーポレーション株式会社1366
13サッポロビール株式会社1465
14松竹株式会社845
15日本PCサービス株式会社529
16株式会社五光326

激戦を勝ち抜き優勝となったのは「株式会社Alphakt」でした。
最後の戦いは下記動画よりご覧いただけます。

社会人eスポーツはますます盛り上がっていく

日本初の社会人eスポーツリーグAFTER 6 LEAGUEがeスポーツシーンに与えたインパクトは大きなものだったのではないでしょうか。
プロ選手でない社会人が、チームを作り研鑽する。その活動が社内交流を活性化し、さらに他の出場企業と繋がる縁となっていく。

今後も社会人・企業×eスポーツの流れに注目です。

本サイトは、「cogme」のメディアサイトとなります。

cogme は企業eスポーツ部のコミュニケーションを活性化したり、

他企業とゲームを使って交流するためのさまざまな機能が備わったサービスです。

「社会人×ゲーム」のキーワードに興味をお持ちいただけましたら、

ぜひcogmeへのご登録をお願いします:D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

株式会社エイプリルナイツ メディア・イベント事業部。ハマったらとことんそのことばかりやってしまうタイプです。社会人ゲーム文化の活性化をさせていきたいです。